春高バレー 厚い選手層の駿台学園、メンバー入れ替えて東京1位通過

【第74回春の高校バレー東京都代表決定戦 男子決勝 駿台学園対東亜学園】第2セット 得点を決め喜ぶ駿台学園の選手ら=14日、駒沢屋内球技場(鴨志田拓海撮影)
【第74回春の高校バレー東京都代表決定戦 男子決勝 駿台学園対東亜学園】第2セット 得点を決め喜ぶ駿台学園の選手ら=14日、駒沢屋内球技場(鴨志田拓海撮影)

「春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の地方大会は14日、各地で行われ、男女各3校に出場権が与えられる東京は男子が駿台学園、東亜学園、東海大菅生、女子は八王子実践、共栄学園、下北沢成徳が全国切符を手にした。

「春高」で2大会続けて準優勝し、今夏の全国高校総体も2位だった駿台学園が4年連続で東京都大会を1位通過した。セッター寺内隼鷹(3年)とリベロ布台聖(2年)以外の先発5人を準決勝と決勝で入れ替えたが、いずれもストレート勝ちと選手層の厚さを見せつけた。

1、2年主体の準決勝メンバーは12、13日の紅白戦で3年チームに勝ったといい、梅川大介監督は決勝でも精彩を欠いた最上級生たちに「最後は3年生の意地が必要。自覚をもって」と渋い表情。武本幹太主将(3年)は「3年が頑張らないと勝てない。(全国大会で)4大会連続の銀は嫌なので、絶対に金を取って終わりたい」と力を込めた。(奥村信哉)