色褪せぬマツダの世界戦略車 新型CX-5の変更ポイントとは

「これまでのCX-5は、メーカーがわが“これが完璧なデザインなのでイジらないで”という主張をしていたきらいがありますが、今回のフィールドジャーニーなどは、むしろ自分でなにかをつけ加えたくなるのではないでしょうか。従来と一線を画したつもりです」

エクステリアデザインを担当したデザイン本部の椿貴紀氏の言葉だ。「あえて遊び心を盛り込みました」と、主査の松岡氏はつけ加える。

さきに触れたとおり、オールシーズンタイヤはフィールドジャーニーにのみ標準で提供される。通常のいわゆる夏タイヤと比較して、タイヤの性格の違いでドライブの印象が変わることはない、と松岡氏は語っている。

会員限定記事会員サービス詳細