紀伊半島豪雨10年で訓練 三重、奈良と和歌山も参加

避難所の運営訓練を視察する三重県の一見勝之知事(手前右端)=14日午前、三重県熊野市
避難所の運営訓練を視察する三重県の一見勝之知事(手前右端)=14日午前、三重県熊野市

88人の死者、行方不明者を出した紀伊半島豪雨から10年となり、三重県内各地で14日、住民らが参加して防災訓練をした。当時大きな被害があった奈良、和歌山両県も参加し、オンラインで被災状況を共有した。三重県によると、3県が協力する訓練は初めて。

避難所の運営訓練で、受け付けをする地元住民ら=14日午前、三重県熊野市
避難所の運営訓練で、受け付けをする地元住民ら=14日午前、三重県熊野市

三重県は大規模な台風による風雨災害を想定し、自衛隊や県警など約2300人が参加。新型コロナウイルス対策で密集を避けるため、会場を約20カ所に分散した。

三重県熊野市では、住民が避難所の受け付けや受け入れの流れ、新型コロナ対応といった運営方法を確認し、奈良県の給水車から水を受け取った。

防災訓練で奈良県の給水車から水を受け取る地元住民(右)=14日午前、三重県熊野市
防災訓練で奈良県の給水車から水を受け取る地元住民(右)=14日午前、三重県熊野市

三重、和歌山両県の防災ヘリコプターは、それぞれ相手の県内の熊野川上空を撮影し、被害状況を共有する訓練をした。