書評

『Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル』ジェイソン・ドーシー&デニス・ヴィラ著、門脇弘典訳

『Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル』(ハーパーコリンズ・ジャパン)
『Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル』(ハーパーコリンズ・ジャパン)

米国の「Z世代」について、9.11を覚えておらず新型コロナウイルス禍を経験した1996~2012年生まれの真の「接続優先世代」と再定義。動画がすべてで、アプリで回す暮らししか知らないという彼らの「普通」をひもとく。

Z世代は、ベビーブーマーに代わり今後の消費やビジネスを大きく変えるとされる。本書では、Z世代への訴求に失敗した例にファストファッション「フォーエバー21」の経営破綻を挙げている。著者は世代研究を行う米企業の共同設立者。マーケティング書だが、日本のZ世代の子を持つ親としても興味深い。(ハーパーコリンズ・ジャパン・2090円)