隣人の男を殺人容疑で逮捕、山梨県笛吹市の山林の女性遺体、背景に一方的な好意

会見する山梨県警の石部和久捜査1課長(右)と大森勇人笛吹署長=14日、甲府市(平尾孝撮影)
会見する山梨県警の石部和久捜査1課長(右)と大森勇人笛吹署長=14日、甲府市(平尾孝撮影)

山梨県笛吹市の山林に同市八代町在住の地域相談員、古屋美紀さん=当時(54)=の遺体が遺棄された事件で、笛吹署の捜査本部は14日、殺人の疑いで、隣人の会社員、山口正司容疑者(55)=を再逮捕した。山口容疑者は逮捕監禁と死体遺棄容疑で逮捕されていた。

再逮捕容疑は、9月29日午後9時ごろから午後10時ごろまでの間、死体遺棄現場に面した笛吹市芦川町の路上で殺意を持って、複数回暴行を加えて殺害した疑い。

山口容疑者は殺人に対し「間違いない」と認めているほか、「殺すしかいない」と供述しているという。動機についてはあいまいな供述を繰り返しているが、14日の会見で県警の石部和久捜査1課長は、「事件の背景には、山口容疑者による(古屋さんへの)一方的な好意があった」と説明した。

古屋さんは9月29日午後6時20分ごろ、甲州市の勤務先を退勤したが、家族が自宅での姿が見えないことから警察に捜索願が出されていた。10月2日夜に、自宅から約10キロ離れた山林で遺体が発見された。県警は捜査本部を設置し、古屋さんを自宅から車で監禁して連れて行った疑いで10月5日に山口容疑者を逮捕。さらに、古屋さんの遺体を放置したとして25日に再逮捕していた。