小室さん夫妻、ニューヨーク行きの航空機に搭乗

米国へ出発する秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さんと夫の小室圭さん=14日午前、羽田空港(納冨康撮影)
米国へ出発する秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さんと夫の小室圭さん=14日午前、羽田空港(納冨康撮影)

10月に結婚した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さん(30)と夫の小室圭さん(30)が14日午前、米ニューヨークに向かう航空機に搭乗した。日本時間同日夜に現地に到着予定で、新居で生活を始める。

同日午前10時10分ごろ、羽田空港国際線の搭乗口に現れた小室さん夫妻。小室さんは緑のセーター、眞子さんは黒っぽい服装で、報道陣の問いかけに応えることなく搭乗口から機内へ向かった。

眞子さんと小室さんは結婚後、都内のマンションに滞在。当初は小室さんだけが先に渡米し、眞子さんはパスポートやビザを取得後に出国する見通しだったが、眞子さんの祖父に当たる学習院大名誉教授の川嶋辰彦氏が今月4日に死去したことで延期され、2人そろっての渡航となったとみられる。

▶【フォト特集】 眞子さん、圭さんが米ニューヨークへ


これに先立ち、小室さんは12日夜、母親との「金銭トラブル」が報じられていた男性と面会。双方の代理人によると、小室さん側からの解決金を男性が受け取り、最終的な解決とすることに合意したという。

小室さんはこのトラブルが週刊誌などで報じられ、結婚が延期となった後の平成30年8月から米フォーダム大に留学し、卒業後の今年9月にニューヨーク州の法律事務所に就職した。眞子さんは今年10月の結婚に際しての記者会見で、「圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作ってほしいと私がお願いしました」と、以前から米国で生活する考えがあったことを明かしていた。

また、眞子さんはこの会見で結婚後の生活について、「二人で力を合わせて共に歩いていきたいと思っています」と決意を語っていた。