広島県知事選、現職の湯崎氏が4選

広島県知事選で4選を確実にし、万歳する湯崎英彦氏(中央)=14日、広島市中区
広島県知事選で4選を確実にし、万歳する湯崎英彦氏(中央)=14日、広島市中区

任期満了に伴う広島県知事選は14日投開票され、無所属現職の湯崎英彦氏(56)が、共産党新人の党県常任委員、中村孝江氏(35)と無所属新人の金属リサイクル業、樽谷昌年氏(70)を破り、4選を確実にした。

広島県知事選で4選を確実にし、支援者から花束を受け取る湯崎英彦氏(中央)=14日、広島市中区
広島県知事選で4選を確実にし、支援者から花束を受け取る湯崎英彦氏(中央)=14日、広島市中区

3期12年の湯崎県政への評価や新型コロナウイルスへの対応、経済回復などが争点となった。湯崎氏は政党に推薦を求めず、自身の政策をウェブ配信やオンライン集会でアピールする選挙活動を展開。コロナ対策の継続やデジタル活用推進などを公約に掲げ、幅広い支持を集めた。