笹生17位、畑岡は23位 米女子ゴルフ第3日

第2ラウンド、5番でティーショットを放つ笹生優花=ペリカンGC(共同)
第2ラウンド、5番でティーショットを放つ笹生優花=ペリカンGC(共同)

米女子ゴルフのペリカン女子選手権は13日、フロリダ州ベレアのペリカンGC(パー70)で第3ラウンドが行われ、10位で出た笹生優花は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70と伸ばせず、通算8アンダーの202で首位と8打差の17位に後退した。畑岡奈紗は5バーディー、3ボギーの68で回り、通算7アンダーの203で23位のままだった。

ネリー・コルダ、レキシー・トンプソン(ともに米国)が通算16アンダーで首位に並んだ。


■笹生優花の話 いいところも悪いところもあった。この3日間は前半と後半で風向きが変わり、気をつけていたが、少し難しかった。ティーショットが荒れていたので直したい。(共同)