「花の甲子園」優勝は県立岐阜商業高

「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で優勝した岐阜県立岐阜商業高のチーム=14日午後、京都市
「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で優勝した岐阜県立岐阜商業高のチーム=14日午後、京都市

高校生が3人一組で生け花の腕前を競う「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会が14日、京都市中京区で開かれ、岐阜県立岐阜商業高茶華道部のチーム「花あゆ」が優勝した。準優勝は群馬県立桐生高。

岐阜商業高のテーマは花が持つ「輪を生み出す力」。アレカヤシというヤシ科の植物で丸い形を作り、人のつながりを表現した。メンバーの古田羽菜さん(16)は「これからも花を生けることで人を笑顔にしたい」とうれしそうに話した。

「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で優勝した岐阜県立岐阜商業高のチーム=14日午後、京都市
「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で優勝した岐阜県立岐阜商業高のチーム=14日午後、京都市

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、140校が応募した地区大会は、昨年に引き続き動画や作品写真を基に審査するリモート形式に。この日は地区大会を勝ち抜いた9校が出場し、3人のメンバーが一つの花ばさみをバトンのように引き継ぎながら作品を完成させた。華道家元池坊の池坊専好次期家元らが、作品の技術力や表現力を審査した。

「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で準優勝となった群馬県立桐生高のチーム=14日午後、京都市
「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で準優勝となった群馬県立桐生高のチーム=14日午後、京都市
「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で3位となった静岡県立田方農業高のチーム=14日午後、京都市
「Ikenobo 花の甲子園」の全国大会で3位となった静岡県立田方農業高のチーム=14日午後、京都市