商業捕鯨母船が下関に入港 440トン荷揚げへ

下関港で捕鯨母船「日新丸」から荷揚げされる、イワシクジラの生肉が入ったコンテナ=14日午前、山口県下関市
下関港で捕鯨母船「日新丸」から荷揚げされる、イワシクジラの生肉が入ったコンテナ=14日午前、山口県下関市

共同船舶(東京)の捕鯨母船「日新丸」は14日、今年の操業を終え、山口県の下関港に入港した。商業捕鯨は3年目で、6月から今月8日にかけ、北海道の東側や三陸の沖合でニタリクジラ187頭、イワシクジラ25頭を計画通り捕獲した。下関では10月以降に捕った計約440トンを荷揚げする。

日新丸は午前8時ごろに着岸し、この日はイワシクジラの生肉約1・4トンを荷揚げした。沖合で捕獲した大型のクジラは通常、船上ですぐに冷凍するが、今年は一部を生のまま運んだ。

生肉は16日に下関漁港地方卸売市場で競りにかけられる。下関では初の試みで、同社は冷凍にはない質の高さをアピールし、鯨肉の需要喚起を狙っている。

9月には東京や仙台で荷揚げした分が豊洲市場や仙台市中央卸売市場で、高値で取引されたという。