米国人の禁錮判決「不当」 国務省、ミャンマー非難

ミャンマーで禁錮11年の判決を受けたダニー・フェンスター氏=2018年、デトロイト(家族提供、AP=共同)
ミャンマーで禁錮11年の判決を受けたダニー・フェンスター氏=2018年、デトロイト(家族提供、AP=共同)

米国務省のプライス報道官は12日、ミャンマーの裁判所が英字誌「フロンティア・ミャンマー」編集幹部で米国人のダニー・フェンスター氏に禁錮11年の判決を言い渡したことについて「不当な有罪判決だ」と非難し、即時釈放を求める声明を発表した。

フェンスター氏は5月下旬、ミャンマー最大都市ヤンゴンの空港で出国しようとしたところ当局に拘束された。

その後、虚偽情報を広めた罪などで起訴され、刑務所内に設置された法廷で今月12日に判決が言い渡された。同誌はクーデターで全権を握った国軍に批判的な論調で知られる。

プライス氏の声明は、フェンスター氏が「無実だ」と指摘。同氏が家族の元に安全に戻れるまで状況を注視し続けると強調した。(共同)