台湾支持を改めて表明 ホンジュラス大統領

13日、台北の台湾総統府で会談した蔡英文総統(右)とホンジュラスのエルナンデス大統領(中央通信社=共同)
13日、台北の台湾総統府で会談した蔡英文総統(右)とホンジュラスのエルナンデス大統領(中央通信社=共同)

【台北=矢板明夫】台湾の蔡英文総統は13日、訪台中の中米ホンジュラスのエルナンデス大統領と会談し「台湾とホンジュラスは今後、国際社会で助け合い、ともに発展することを期待する」と述べた。これに対しエルナンデス氏は台湾を支持する立場を改めて表明した。

ホンジュラスは台湾と外交関係がある15カ国の一つだが、今月28日に行われる大統領選挙で「台湾と断交し中国と国交を樹立する」と主張する野党候補が世論調査でリードしており、台湾は危機感を募らせている。