結婚式の費用最低に 292万円、コロナで縮小

結婚情報誌「ゼクシィ」を制作するリクルートが13日までに発表した結婚トレンド調査などによると、令和2年度の挙式や披露宴にかけた総額費用の全国平均は、前年度比70万円減の1組292万3000円だった。全国調査が始まった平成17年度以来、最低となった。新型コロナウイルス感染症流行により、多くのカップルが当初の予定より結婚式の規模を縮小した。

招待客数の平均も42.8人と最低で23.5人減った。挙式や披露宴を実施したカップルの7割以上は、当初の希望より減らしたという。政府などによるイベントの人数制限が影響したようだ。ただ別会場にいる一部の招待客をオンラインでつないだり、2部制で開いたりと、密を防ぐ工夫をした例もみられた。

一方、実施しなかったカップルのうち、4割弱が「いつかは実施する」と回答した。