藤井、史上最年少で4冠目 竜王戦で豊島破る

将棋の藤井聡太三冠(19)=棋聖・王位・叡王=は12、13の両日、山口県宇部市で行われた第34期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第4局で、先手の豊島将之竜王(31)を破り、開幕から4連勝で4冠目の竜王を獲得した。

竜王戦第4局の2日目。前日の指し手を再現する藤井聡太三冠=13日午前9時、山口県宇部市(代表撮影)
竜王戦第4局の2日目。前日の指し手を再現する藤井聡太三冠=13日午前9時、山口県宇部市(代表撮影)

4つのタイトルを同時に保持する四冠の誕生は28年ぶりで、史上6人目の快挙。19歳3カ月の達成は史上最年少で、羽生善治九段(51)が平成5年7月に記録した22歳9カ月を大幅に更新した。

ストレートで敗れ防衛に失敗した豊島前竜王は無冠となり、八大タイトルを4人で占めていた4強時代は1年3カ月で幕を閉じた。10代で現役棋士の事実上のトップに立った藤井四冠、渡辺明三冠(37)=名人・棋王・王将=と永瀬拓矢王座(29)の3人でタイトルを保持する。

藤井四冠は今夏、「第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)で挑戦者の渡辺三冠を破り、18歳11カ月でタイトル初防衛と九段昇段を達成した。

続く王位戦七番勝負と叡王戦五番勝負、竜王戦七番勝負はいずれも豊島前竜王と対戦。王位戦前、藤井四冠は対戦成績で豊島前竜王に圧倒されていたが、「十九番勝負」を勝ち切った。

藤井が最年少4冠 羽生九段「これからも楽しみ」