全国&ふくしまお魚まつりメニュー紹介

超新鮮!会場で解体ショー 「本まぐろの大トロ入り三色丼」 19日開幕

まぐろ三色丼
まぐろ三色丼

恒例の解体ショーでさばいたばかりの本マグロを提供するのが、「豊洲かんぺい会」。解体ショーは毎日、数回行う。さばきたての超新鮮な本マグロは空気にあまり触れていないため、酸化しておらず、その味わいは格別だ。

大トロ、中トロ、赤身を食べ比べられる「本まぐろの大トロ入り三色丼」は2300円。1番人気の「中トロ丼」(2千円)のほか、「脳天」などの希少部位はクイズに正解した人に追加で盛り付ける。

国内最大級の魚食イベント「第7回ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2021~全国魚市場&魚河岸まつり~」と福島県産の魚介を使った料理を楽しめる「発見!ふくしまお魚まつり」は19~21日に東京都千代田区の日比谷公園で開催。入場予約前売り券は公式ホームページ(https://37sakana.jp/jffes/index.html)から。