拉致解決、リボンに託し全議員に着用要望 国民大集会

全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会で挨拶する拉致被害者家族の横田早紀江さん=13日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会で挨拶する拉致被害者家族の横田早紀江さん=13日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)

北朝鮮による拉致被害者の早期救出を求めて実施された13日の「国民大集会」では、救出運動のシンボルである「ブルーリボン」の着用を初めて決議に盛り込み、全国の議員や多くの国民に着用を求めた。家族会などが掲げる「全拉致被害者の即時一括帰国」の実現へ、日本が連帯して解決意思を示す必要があるとし、リボンに思いを託した。

「われわれは諦めるわけにはいかない。なにがなんでも解決するという思いを今回、特にブルーリボンバッジにあてた。バッジとともに、皆で勢いをつけていきたい」。

田口八重子さん(66)=拉致当時(22)=の兄で、家族会代表の飯塚繁雄さん(83)は、集会の冒頭でそう語った。

ブルーリボンは、北朝鮮にいる拉致被害者と家族を結ぶ「青い空」と、日本と北朝鮮を隔てる「日本海の青」をイメージしたもので、被害者の生存と救出を信じる意思表示として広く着用されている。

平成14年に支援組織「救う会」の青年有志が発案。当時は現状のようなピン留めのバッジなどはなく、リボンを切った簡素なものだった。同会関係者は「そのうち、『リボンがほつれる』といった声が届くようになり、バッジも作るようになった。それだけ長い時間、拉致が解決していない証しでもある」と振り返る。

今回の集会では、ブルーリボンに関し、12月10~16日の北朝鮮人権侵害問題啓発週間中、全ての閣僚や国会議員、地方議員らのほか、多くの国民に着用を要望。初めて決議項目に盛り込んだ。

田口さんの長男、飯塚耕一郎さん(44)は「ブルーリボンバッジを着けていると『これは何ですか』と聞かれることがある。まだ拉致への理解が浸透していないことを実感する」と率直な思いを明かす。

決議文では、「親の世代が被害者と抱き合うことなしには、日本の怒りは解けず、支援はあり得ないことを、北朝鮮の最高指導者に伝えることが、今大切だ」と記した。親世代を中心に高齢化が進み一刻の猶予もない現状で、日本が〝一枚岩〟となる必要性は、増している。

めぐみさんの母、早紀江さん(85)はこの日のあいさつで、「娘を13年間しか育ててあげられなかったことは本当に悔しい」と、母親としての悲痛な思いを吐露。「心が結集すれば日本は変わっていく」とし、国民一丸となっての取り組みに期待感を示した。 昨年10月の前回の国民大集会では、同じ日に、めぐみさんの父、滋さんのお別れ会が催された。この1年、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、拉致問題はこれまで以上に停滞。家族の間には、「風化」への懸念が高まった。 めぐみさんの弟の拓也さん(53)は「あっという間の1年だったが、何も前進していない。いらだちが本音だ」。そして、「自分の家族が被害者だったらどうか。拉致をわがことと捉えてほしい」と改めて国民の理解と協力を求めた。