長野放送・アナウンサーコラム

小宮山瑞季「伝統の継承」

小宮山瑞季アナ
小宮山瑞季アナ

飯山市など北信濃の伝統工芸品「内山紙」。高級障子紙として国の伝統的工芸品に指定されています。昭和25年頃までは約100軒あった工房も、今では阿部製紙1軒のみに。ニュースの取材でその工房を訪れると、見慣れない和紙のグッズの数々がありました。

3代目の阿部拓也さんが、「内山紙」の魅力を伝え続けたいと始めた新たな取り組みで、和紙を使ったはたきやちり取り、ペンケースなどのユニークなものばかり。革のように使えば使うほど味が出る、軽くて丈夫な和紙の特徴を生かした品々で、歴史とアイデアを組み合わせた新しい形です。歴史があるものを残したい、そのためにも時代に合ったものを作りたい、そう語る阿部さんのまなざしからは強い意志や、熱い思いが感じられました。

伝統というと堅苦しい、特別なものと思いがちですが、取材を通して、身近なもので、誇れる信州の文化であると再認識しました。今後も後世に残したい伝統工芸の魅力を、番組を通して伝えていきます。