小平、新浜が2位 スピードスケートW杯が開幕

女子500メートルで2位の小平奈緒=トマショフマゾウィエツキ(共同)
女子500メートルで2位の小平奈緒=トマショフマゾウィエツキ(共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦は12日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで開幕し、女子500メートルで平昌冬季五輪金メダルの小平奈緒(相沢病院)は37秒74で2位だった。エリン・ジャクソン(米国)が37秒61で制し、郷亜里砂(イヨテツク)は13位。

男子500メートルは高亭宇(中国)が34秒26の好記録で圧勝し、日本記録保持者の新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒54で2位。村上右磨(高堂建設)は4位、森重航(専大)は11位だった。

女子3000メートルは格下のBクラスで押切美沙紀(富士急)が4分7秒65で1位だった。日本勢は新型コロナウイルスの影響で、2季ぶりの国際大会参加。(共同)