マーベルコミックの全ストーリーを読破してみたら、ひとつの壮大な世界観が見えてきた

過去60年にわたって続いてきたマーベルコミックの世界は、さまざまなキャラクターのストーリーが時空を超えて複雑に絡み合っている。その数なんと27,000冊以上をコミック史家が読破して単一の壮大な作品として捉え直したところ、そこにはマーベル特有の一貫した世界観が浮き彫りになってきた。

TEXT BY ADAM ROGERSTRANSLATION BY TOMOYO YANAGAWA/TRANNET

WIRED(US)

長年コミックを愛読していれば、ページの中の時間の流れがさまざまであっても、話の筋を問題なく把握できるようになるものだ。個々のコマに描かれているイメージは、ほんの一瞬のごくわずかな部分をとらえた“プランク時間”の描写のようなものである。

だが、吹き出しに書かれたせりふのなかには、口から発すれば数分はかかりそうなものもある。これはどう説明するのだろうか。キャラクターの動きや変化を表現するためにコマに描き込まれた、その人物の過去の残像はどうだろうか。

コマとコマの枠線の間に、数秒、数分、数カ月、あるいは数千年の時が流れていることだってある。クライマックスの途中で「つづく……」となり、結末を見るまで4週間も待たなければならないのに、物語上では一瞬の出来事なのだ。

なかには半世紀以上も前に始まった物語を描き続けているコミックもある。すべてを覚えている人がいるなんて、誰も思ってはいないのだ。

27,000冊以上のマーベル作品を読破

とにかく、コミックを長らく読んでいれば、こうした矛盾にも慣れてくる。コミックとは、独自の時間軸のなかで足踏みを繰り返しながら進むもので、誰もその全体像を見ることはなかったのだ。しかし、それも過去の話である。

コミックの理論と制作に詳しいコミック史家で解説者のダグラス・ウォークは、コミックの歴史のすべてを見てきた人物だ。ウォークはこのほど米国で発売された著書『All of the Marvels』の執筆のために、1961年から現在までに発刊された全マーベルコミックを読破したのである。その数はなんと27,000冊以上にも達した。

しかし、こうしたコミックの物語は、すべて最近の映画やテレビ番組と同様に、同じシェアード・ユニバース(共通宇宙)のなかで起きている出来事であり、全体が1本の連続した物語であるともいえる。そこでウォークは、その全タイトルを多くのアーティストの手によって共同制作された単一の壮大な作品として捉え、一気に読み尽くして考察した。

これは離れ業というレベルの話ではない。まるで忍耐力を試すテストのような文芸評論、と言っても過言ではないだろう。