ソウルからヨボセヨ

韓国でも「おまかせ」人気

韓国の食の世界で最近、日本語の「おまかせ」がちょっとした流行語になっている。最初は日本帰りの日本料理のシェフたちがメニューに「おまかせ」を登場させて始まったのだが、その後、イタリアンなど洋食や韓国料理でも「おまかせ」が使われるようになった。店も「おまかせ」メニューを売り物にしていて、今やメディアでもこの言葉をよく見かける。

韓国人にとっては新鮮な日本語で、かつグルメ的には高級感があり心地いいようだ。「おまかせ」人気の背景には、韓国人の日本料理に対する本物志向がある。韓国では従来、日本料理は「日式(イルシク)」といわれ、キムチや生ニンニク、コチュジャンが登場するような相当韓国化されたものだった。ところが日本旅行の大衆化で本場モノへの関心が広がった結果、「日式」が看板の店は壊滅状態で呼称も「日本料理」に代わった。

「おまかせ」とともに、もう一つの人気が「海鮮丼」。これも日本語そのままで、韓国にもともとあった「フェドッパ(刺身かけ飯)」を圧倒しつつある。刺身と野菜を真っ赤なコチュジャンでこね混ぜて食べる〝刺身ビビンバ〟のような伝統食より「海鮮丼」の方がうまかったようだ。食はいつの時代も国境を越えて広がり交流する。(黒田勝弘)