快挙達成に歓声と拍手 藤井四冠、地元の愛知・瀬戸

愛知県瀬戸市の「せと銀座通り商店街」で、藤井聡太新竜王の四冠達成を祝い、くす玉を割って喜ぶ人たち=13日夜
愛知県瀬戸市の「せと銀座通り商店街」で、藤井聡太新竜王の四冠達成を祝い、くす玉を割って喜ぶ人たち=13日夜

将棋の藤井聡太三冠(19)が竜王戦七番勝負第4局で勝利し、最年少での四冠となった13日、地元・愛知県瀬戸市の商店街では、固唾をのんで対局を見守ったファンらが大きな拍手と歓声で快挙をたたえ、祝福した。

「せと銀座通り商店街」には盤面を映すモニターが設置され、数十人が集まった。

勝利が決まり、商店街の洋品店主、飯島加奈さん(40)は「ストレートでの勝利で信じられない。胸が熱くなった」と興奮した様子。「竜王」と書かれたクッションを掲げて応援した名古屋市千種区の小糸敦さん(56)も「世紀の瞬間に立ち会えて光栄。一生忘れられない日になった」と喜んだ。

藤井、史上最年少で4冠目 竜王戦で豊島破る