ヤクルト青木が2点適時打 日本シリーズ進出に貢献

【プロ野球CS2ヤクルト対巨人】7回 2点適時打を放つヤクルト・青木宣親=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
【プロ野球CS2ヤクルト対巨人】7回 2点適時打を放つヤクルト・青木宣親=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

プロ野球のクライマックスシリーズファイナルステージは12日、第3戦を行い、ヤクルトの青木がここぞの場面で快音を響かせた。0―1の七回2死満塁、代わったばかりの中川の初球の直球を逃さず、左前に鋭くはじき返して走者2人をかえした。「みんながつないでくれたチャンスだったので何とかしたかった。初球から、甘い球は迷わず打っていこうと決めていた」と振り返った。

打線は六回までメルセデスにわずか1安打に抑えられ、嫌な流れが漂っていた。七回は2番手のデラロサから安打と2四球で好機をつくった。39歳のベテランが勝負強さを発揮し、日本シリーズ進出に貢献。6年ぶりの舞台でも活躍を期す。