交差点で車にはねられ バイクの高2男子が死亡

12日午前8時ごろ、神奈川県綾瀬市大上の信号機のない市道十字路交差点で、普通乗用車がオートバイをはね、オートバイを運転していた近くに住むブラジル国籍の高校2年、オオウチ・パンド・ナオ・マナセスさん(17)が車の下敷きになるなどして病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。

同県警大和署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、付近に住む米軍人のロモ・コスメ・レイエス容疑者(33)を現行犯逮捕。容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて調べを進めている。

同署によると、現場はセンターラインのない交差点で、停止義務はロモ容疑者側にあった。ロモ容疑者は日本語を話すことができず、その場にいた目撃者が110番通報したという。