コロナ抗体薬2種承認勧告 EU規制当局

欧州医薬品庁(ロイター)
欧州医薬品庁(ロイター)

欧州連合(EU)医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は11日、新型コロナウイルスの抗体治療薬2種類の承認を勧告したと発表した。今後、EU欧州委員会が承認する見通し。コロナが再拡大する欧州各国で期待を集めそうだ。

一つは抗体カクテル療法に使う治療薬「ロナプリーブ」で、スイス製薬大手ロシュと米製薬企業リジェネロンが開発。日本でも厚生労働省が5日、濃厚接触者らに対し発症予防のために投与することを特例承認した。

もう一つは、韓国製薬企業セルトリオンが開発した「レッキロナ」。ロナプリーブは12歳以上、レッキロナは成人が対象。(共同)