産経抄

11月12日

「ハイブリッド(複合型)戦争」という言葉が盛んに使われるようになったのは、2014年のウクライナ危機からだ。ロシアのプーチン政権は、ロシア系住民の多いクリミア半島に特殊部隊を投入しただけではない。

▼親EU(欧州連合)の政治家のサイトにサイバー攻撃をかけ、フェイクニュースを流して世論を誘導する。軍事、非軍事を問わずあらゆる手段を駆使して、クリミア併合を実現した。中国も台湾制圧の選択肢として検討しているようだ。

▼今回、ハイブリッド攻撃という表現で、旧ソ連圏のベラルーシを激しく非難しているのが、EUのフォンデアライエン欧州委員長である。EUは、ルカシェンコ大統領による反政権派への弾圧を理由に今夏から経済制裁を科してきた。

ランキング

  1. 【産経抄】12月5日

  2. 【黒田勝弘の緯度経度】「韓国はまともな国なのか」「気楽な報道で韓日関係は変えられない」自己批判する韓国新聞界の知日派もいる

  3. 【主張】愛子さまご成年 祝福と皇室の理解新たに

  4. 【石平のChina Watch】「TPP加入申請」の大誤算

  5. 【主張】WTAの中止決定 中国への気骨ある判断だ

  6. 【日曜に書く】論説委員・森田景史 カツカレーと「猛牛」哀歌

  7. 【浪速風】熱と誠があれば