オプジーボ訴訟和解で本庶氏「納得できる内容」

がん免疫治療薬「オプジーボ」の特許をめぐり、平成30(2018)年にノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が、製造販売元の小野薬品工業(大阪市)に約262億円の支払いを求めた訴訟で、12日に大阪地裁で両者の和解が成立したことを受け、本庶氏は代理人弁護士を通じてコメントを発表した。

本庶氏は「裁判所の調整によって納得できる内容の解決に至ることができた」と評価した上で、「企業から還流される資金や善意の寄付により、基礎研究を長期的展望で支援していきたい。企業と大学が協力して若い研究者が人生をかけてチャレンジできる研究環境を用意していくことが国の成長には不可欠」とした。

小野薬によると、今回の和解に基づき、小野薬側は解決金として本庶氏に50億円を支払い、京都大学に設立される「小野薬品・本庶 記念研究基金」に230億円を寄付する。

オプジーボ訴訟