トヨタ、国内生産正常化へ 12月、過去最高水準 部品調達難が改善

トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)
トヨタ自動車のロゴ(佐藤徳昭撮影)

トヨタ自動車は12日、12月の生産計画を発表し、7カ月ぶりに国内の全14工場28ラインが通常稼働し正常化するとの見通しを示した。東南アジアの新型コロナウイルス流行による部品調達難が改善に向かっていることが背景にある。

12月の世界生産台数は80万台程度になるとの見込みを明らかにした。約76万台だった前年実績を上回り、12月としては過去最高水準。内訳は国内が30万台程度、海外が50万台程度となる。

令和3年度の世界生産見通しは900万台を維持した。トヨタは「今後も部品不足に対するあらゆる対策を図り、車を届けられるように尽力する」としている。