首相、TPP加入申請の中国牽制「威圧と相いれず」

オンライン形式で開かれたAPEC首脳会議に出席する岸田首相=12日夜、首相官邸(内閣広報室提供)
オンライン形式で開かれたAPEC首脳会議に出席する岸田首相=12日夜、首相官邸(内閣広報室提供)

岸田文雄首相は12日夜、日米中や台湾など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議にオンライン形式で出席し、中国が加入申請した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「不公正な貿易慣行や経済的威圧とは相いれない21世紀型のルールを規定する協定だ」と述べた。経済や貿易分野でも覇権主義を強める中国を牽制(けんせい)した形だ。

首相はTPPについて「市場アクセス、ルールの両面で高い水準を維持し、自由で公正な経済秩序の構築に貢献する」とも強調した。政府関係者は「中国はTPPに加入したければ、国有企業や政府調達など高いレベルのルールを順守する必要がある」と説明した。

TPPの全11カ国はAPECのメンバー。台湾もTPPへの加入を申請している。