宇野、坂本がSP首位 ペア三浦、木原組3位 フィギュアNHK杯

【フィギュアスケートNHK杯 1日目】男子SP 宇野昌磨の演技=国立代々木第一体育館(撮影・桐原正道)
【フィギュアスケートNHK杯 1日目】男子SP 宇野昌磨の演技=国立代々木第一体育館(撮影・桐原正道)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は12日、東京・国立代々木競技場で開幕し、男子ショートプログラム(SP)は第1戦のスケートアメリカ2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が2種類の4回転ジャンプを決め、102・58点で首位に立った。ビンセント・ゾウ(米国)が99・51点で2位、山本草太(中京大)が86・05点で5位、三浦佳生(東京・目黒日大高)が76・62点で8位。

女子SPは昨年覇者の坂本花織(シスメックス)がほぼミスのない演技を見せ、76・56点でトップ。河辺愛菜(木下アカデミー)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功し、自己ベストの73・88点で2位。松生理乃(愛知・中京大中京高)が63・34点で7位。

ペアSPは三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が自己ベストの73・98点で3位につけた。

アイスダンスのリズムダンス(RD)は村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が70・74点で6位、小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)が68・13点で7位。

男子の羽生結弦(ANA)と女子の紀平梨花(トヨタ自動車)はともに右足首故障で欠場した。