露検察、人権団体解散要求 強まる圧力、政治的と反発

ロシアのプーチン大統領(AP)
ロシアのプーチン大統領(AP)

ロシア検察当局は11日までに、同国の人権団体「メモリアル」の解散を求めて最高裁に提訴した。法律違反があったとしているが、具体的な理由は明らかにしていない。タス通信が同日伝えた。プーチン政権は反体制派への圧力を強めており、メモリアルは解散要求について「政治的だ」と反発した。

提訴は8日付。メモリアルは1980年代に前身組織が創設され、ノーベル平和賞を受賞した物理学者の故アンドレイ・サハロフ氏も参加していた。ソ連時代の政治弾圧を記録する活動などで知られるが、プーチン政権下で2016年にスパイを意味する「外国の代理人」に指定された。

「外国の代理人」に指定されると出版物などに明記が必要とされる。メモリアルはホームページで、団体が関係する資料に明記しなかったことが法律違反と見なされたと説明。「この法律は独立した組織を取り締まるために考え出されたもので、根拠がない」と非難した。検察当局は今年4月、刑務所に収監されている反体制派ナワリヌイ氏が率いる汚職追及組織の「過激派」認定を求めて提訴。組織は解散に追い込まれた。(共同)