知人に捜査情報漏洩 容疑で巡査部長を書類送検

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

知人女性に捜査情報を漏洩(ろうえい)したとして、兵庫県警が地方公務員法(守秘義務)違反容疑で、阪神方面の警察署の刑事部門に所属する50代の男性巡査部長を書類送検していたことが12日、捜査関係者への取材でわかった。県警は同日、巡査部長を停職3カ月の懲戒処分とし、巡査部長は同日付で依願退職した。

捜査関係者によると、巡査部長は、過去に事件の捜査対象者として調べた40代の女性に対し、数回にわたり、女性の知人に関する捜査情報などを電話や会員制交流サイト(SNS)を通じて漏らした疑いが持たれている。

女性が別の都道府県警に覚醒剤取締法違反容疑で逮捕され、携帯電話の解析結果などから巡査部長とのやり取りが明らかになった。巡査部長は容疑を認めている。金銭などの見返りはないという。

会員限定記事会員サービス詳細