イベント人数上限撤廃 政府緩和案、緊急事態でも

政府が新型コロナウイルス対策で求めている行動制限の緩和案が12日、判明した。9月末に緊急事態宣言と蔓延(まんえん)防止等重点措置を全面解除した後も続けているイベントの参加人数制限を条件付きで撤廃する。今後、宣言や重点措置の対象地域になっても、ワクチン接種済証か検査の陰性証明を提示する「ワクチン・検査パッケージ」を活用すれば定員の100%まで認める。

19日に専門家に諮った上で決定し、感染対策の指針「基本的対処方針」を改定する。今月下旬以降に適用する。飲食店利用時の人数制限も撤廃する。医療の逼迫(ひっぱく)が深刻化すれば再び行動制限を強化する。

現行のイベント人数上限は、緊急事態と重点措置が5千人または定員の50%の少ない方など、その他の地域が5千人または定員の50%の多い方となっている。都道府県をまたぐ旅行や出張は、緊急事態下でもワクチン接種済みか陰性証明があれば自粛対象にしない。