関西私鉄全社が黒字転換 9月中間、鉄道利用回復

関西の大手私鉄4社の令和3年9月中間連結決算が12日、出そろった。新型コロナウイルス禍で低迷していた鉄道利用が回復し、全社が黒字に転換した。不動産などの関連事業も業績改善に寄与した。

近鉄グループホールディングス(HD)の最終損益は120億円の黒字(前年同期は314億円の赤字)だった。マンション販売が伸びたほか、運送大手の福山通運の株式売却などが貢献した。ただ収支はコロナ禍前の水準まで回復していない。大阪市で会見した安本幸泰副社長は運賃値上げについて「時期は決まっていないが、できるだけ早く実施したい」と述べた。

阪急阪神HDの最終損益はグループのホテル利用などが回復し58億円の黒字(前年同期は230億円の赤字)となった。京阪HD、南海電気鉄道の最終損益も黒字転換した。

関西私鉄4社は3年度から会計基準を変更したため、売上高は前年同期と比較できない。4年3月期の業績予想は近鉄グループHD、阪急阪神HD、南海電鉄が売上高を下方修正した。