3メダリストが〝駅伝〟 高橋さんら走る魅力PR

ゴールする(左から)有森裕子さん、高橋尚子さん、野口みずきさん=12日、横浜市
ゴールする(左から)有森裕子さん、高橋尚子さん、野口みずきさん=12日、横浜市

女子マラソンで五輪のメダルを持つ有森裕子さん、高橋尚子さん、野口みずきさんが12日、横浜市の日産スタジアムでたすきをつないで5キロずつを走った。スマートフォンを使ってチームで42・195キロを走る〝バーチャル駅伝〟の紹介イベントで、高橋さんは「全盛期の走りではないが、思いを分かち合いながら今の全力を出した。多くの人が刺激を受け取ってくれたら」と話した。

イベントに登場し、ポーズをとる(左から)野口みずきさん、高橋尚子さん、有森裕子さん=12日、横浜市
イベントに登場し、ポーズをとる(左から)野口みずきさん、高橋尚子さん、有森裕子さん=12日、横浜市

用品大手アシックスが主催し、11~22日の開催期間にアプリで登録した一般ランナーがチームの合計タイムを競う。走る時間や場所は自由。想定よりもハイペースで走ったという野口さんは「駅伝の力が気持ちを高ぶらせた。すごく爽快感がある」、有森さんは「いろんな人とつながり、一緒に走ることを楽しんでほしい」と呼び掛けた。