一聞百見

伝統支える「日本の色」 染織家 吉岡更紗さん 

「藍や紫根、茜など自然界に存在するものだけで染めています」と話す吉岡更紗さん=京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
「藍や紫根、茜など自然界に存在するものだけで染めています」と話す吉岡更紗さん=京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

朱色、珊瑚(さんご)色、紅葉色―。どれも赤系の色だが、名前を聞くだけでその美しい色合いが目に浮かぶようだ。引いたのは京都の染織家で「染司(そめのつかさ)よしおか」5代目・吉岡幸雄さんの名著『日本の色辞典』(紫紅社)から。日本には、自然から生まれた多彩な色があり、それらを生み育てた日本の文化はすばらしい―と教えてくれたのが吉岡さんだった。そんな染色の第一人者が一昨年、講演先で急逝。三女、更紗さん(44)が6代目を継いだと聞き、京都市東山区の京都店を訪ねた。(聞き手 山上直子)

「染司」6代目を継いで

京都・祇園の一角。古い町並みの中に、白いシンプルなのれんが目を引く。

「染司よしおか」。江戸時代から200年以上続く染織工房の京都店で、作品などを展示、販売している。足を踏み入れた瞬間、美しい色とりどりのストールやバッグ、小物類がずらりと並び、なんとも華やいだ気分になった。

色とりどりのスカーフや小物が並ぶ「染司よしおか」の店内 =京都市東山区(渡辺恭晃撮影)
色とりどりのスカーフや小物が並ぶ「染司よしおか」の店内 =京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

「おかげさまで(『日本の色辞典』は)14刷と版を重ねています」と笑顔で出迎えてくれた更紗さん。平成12年の発刊だから、美術書でこれだけのロングセラーは珍しいかもしれない。かたわらには、遺稿を集め出版されたばかりの幸雄さんの新刊『失われた色を求めて』(岩波書店)が飾られていた。

新刊の吉岡幸雄著「失われた色を求めて」(岩波書店)。カラー図版が多く使用されている
新刊の吉岡幸雄著「失われた色を求めて」(岩波書店)。カラー図版が多く使用されている

「染色の仕事も大事ですが、お寺や神社の行事がとどこおりなく続くことこそ大事。うちの都合でやめることはできません。(6代目を継いだ)一番の理由はそれでした」と更紗さん。

幸雄さんは日本の伝統色の研究者、文筆家としても知られた。菊池寛賞など受賞も多い。新刊でも触れられているが、28年、英国のビクトリア&アルバート博物館に日本の色70色(を染めた布や糸)が永久保存されるなど、まさしく「日本の色」の第一人者だった。