村上氏親族ら新生銀株保有 5・29%、投資と助言目的

新生銀行本店が入るビル=2019年5月、東京都中央区
新生銀行本店が入るビル=2019年5月、東京都中央区

投資家の村上世彰氏が関わる投資会社シティインデックスイレブンス(東京)と村上氏の親族が、計5・29%の新生銀行株式を保有していることが12日分かった。大量保有報告書で明らかにした。保有目的は「投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案を行う」とした。

シティインデックスイレブンスは「新生銀の25日の臨時株主総会での行動についてはコメントを差し控える」とした。村上氏はこれまで、買収対象になった企業による防衛策導入を批判してきた。