警察車列襲撃 強盗容疑で男1人逮捕 大阪府警

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市阿倍野区の路上で10月、大阪府警東成署が証拠品として運んでいた車両から荷物が強奪された事件で、府警捜査1課などは12日、強盗容疑で住所・職業不詳の犬塚誠容疑者(42)を緊急逮捕した。犬塚容疑者は、指名手配中の男2人の仲間とみられる。

逮捕容疑は共謀し10月21日、東成署が窃盗事件に使われたとみられる車をレッカー車で牽引(けんいん)中、先導するパトカー後方に乗用車を割り込ませて後続のレッカー車を減速させ、直後に別の乗用車の助手席から降車した男が証拠品の車から荷物を奪ったとしている。

府警によると、さらに別の乗用車がレッカー車の後方に割り込み、後ろに続く捜査車両などにぶつかりながら逃走。犬塚容疑者はこの車を運転していたという。現場から数キロ先で乗り捨てられた乗用車が見つかり、防犯カメラ映像などから関与が浮上した。12日午後に大阪市内のホテルから女性と出てきたのを捜査員が職務質問して緊急逮捕した。

事件ではほかにも男3人が関与したとみられ、このうち府警は40代の男2人を指名手配している。情報提供は、東成署捜査第1課捜査本部(06・6974・1234)。