ヤクルト日本Sへ「念願かなった」と高津監督

【プロ野球CS2ヤクルト対巨人】胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督とヤクルト・山崎晃大朗=神宮球場(撮影・中井誠)
【プロ野球CS2ヤクルト対巨人】胴上げされるヤクルト・高津臣吾監督とヤクルト・山崎晃大朗=神宮球場(撮影・中井誠)

12日に行われたプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で、セはレギュラーシーズン優勝のヤクルトが3位巨人と九回表終了、2―2で規定により引き分け、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。傘の花が咲き乱れる神宮で、高津監督が5回宙を待った。本拠地で歓喜の瞬間を迎えた指揮官は「念願がかなった。ファンの前で決められて幸せ」と感極まった表情で夜空を見上げた。

「難しい試合だった」と高津監督が振り返ったように、序盤はアクシデントに見舞われた。先発の原が二回、大城の打球を右手に受け負傷交代。スクランブル発進となった2番手金久保は三回に先制を許した。しかし、四回無死二、三塁のピンチから2者連続三振を奪うなど「最低限の仕事はできた」と追加点を許さない。傷を最小限に食い止め、打線の援護を待った。

崩れない投手陣にベテランが応えた。0-1の七回2死満塁で「みんながつないでくれたチャンス。甘い球は迷わず打とうと決めていた」と青木が左前に2点適時打。「最高の場面で打つことができてよかった」。ガッツポーズを繰り返す仲間に迎えられ、表情をはじけさせた。

レギュラーシーズンに固めてきたチームの骨格が生きた。シーズン中にも中継ぎを経験した金久保は「焦ることはなかった」。その後は守護神から中継ぎに移った石山が引き継ぐなど、万全の投手リレー。攻守とも、巨人に力の差を見せつけたファイナルステージだった。

次の目標は20年ぶりの日本一だ。当時胴上げ投手となった高津監督は「挑戦権を得た。必ず(タイトルを)持ち帰る」。それだけの準備は整っている。(五十嵐一)