東京都北区議を覚醒剤使用の疑いで逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

覚醒剤を使用したとして、警視庁上野署は10日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都北区議の榎本一容疑者(53)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

同署によると、9日午後10時ごろ、台東区上野のJR上野駅入谷口付近に停車した乗用車の中にいた榎本容疑者に警察官が職務質問をしたところ、車内から覚醒剤を吸引するためのパイプが見つかった。その後の尿検査で陽性反応が出たという。

逮捕容疑は9日頃、覚醒剤を使用したとしている。

榎本容疑者は業界紙の記者などを経て平成11年に北区議に初当選し、現在6期目。自民党所属で、議長などを歴任した。