自衛隊統合演習に3万人 指揮所演習を連携

東京都新宿区の防衛省
東京都新宿区の防衛省

防衛省統合幕僚監部は11日、陸・海・空自衛隊に加え、米軍も一部参加する実動の統合演習を19日から30日まで各地で行うと発表した。今回は初めて実動演習に指揮所演習を連携させるほか、空自戦闘機F35が初めて参加する。

自衛隊の統合演習は統合運用体制になってから15回目。毎年、実動演習と指揮所演習を交互に行っており、今年は実動演習となるが、指揮所演習も連携させ、指揮所からの指示と実際の動きが連動することを確認する。

実施場所は東北地方太平洋側や四国沖、鹿児島県の種子島(たねがしま)、長崎県の津多羅(つたら)島など。参加人員は計約3万人で、車両約1900両、艦艇約10隻、航空機約140機が使われる。米軍から約5800人が参加する。

陸・海・空の連携を確認するため、弾道ミサイルによる武力攻撃事態を想定した防空訓練や、離島防衛を想定した水陸両用作戦などを展開。さらに新たな領域として宇宙状況監視やサイバー攻撃への対処訓練も行われる。