五輪「金」のソフト清原ら8選手 大阪市が特別表彰

大阪市の特別表彰を受けた選手ら
大阪市の特別表彰を受けた選手ら

東京五輪で金メダルを獲得したソフトボール日本代表の清原奈侑(なゆ)選手、空手女子形で銀メダルの清水希容(きよう)選手ら五輪・パラリンピックで活躍した大阪市ゆかりの選手8人が11日、市役所を訪れ、松井一郎市長から特別表彰を受けた。

表彰式では、松井氏がメダリストや入賞者の一人一人に表彰状を手渡し。「新型コロナウイルス禍で苦しい状況にある市民に勇気と元気、幸せを与えてくれた」と活躍をねぎらった。

清原選手は「大阪で生まれ育ったが、少しでも恩返しができてよかった」と語った。清水選手は「(2024年の)パリ五輪では空手が採用されなかったので、違う面で空手を普及させていきたい」と決意を新たにしていた。

表彰はほかに、パラの陸上400メートルユニバーサルリレーで銅メダルの高松佑圭(ゆか)選手ら。8人は市内在住か市内の中学校を卒業するなどした。