正論

核家族を破壊する「夫婦別姓」 青山学院大学教授・福井義高

婚姻届を提出し、夫婦は同一の姓となる
婚姻届を提出し、夫婦は同一の姓となる

リベラルと称する人たちが、総選挙の争点の一つと主張していた選択的夫婦別姓の是非。大方の予想を裏切って、夫婦別姓に慎重な岸田文雄首相率いる自民党が総選挙に勝利してしまい、藪蛇(やぶへび)となった感がある。

福井義高氏
福井義高氏

とはいえ、夫婦同姓論者も単に伝統を持ち出して反対するだけでは、確信的な別姓論者はもとより、聞く耳を持つ中間層も説得することはできない。そこで、夫婦別姓に功利的視点から反駁(はんばく)してみたい。

リベラルは国家主義者

まず、夫婦同姓に限らず、長年続けてきた制度は、よほど不都合がなければ、劇的に変化させることは合理的でない。既存制度は、現実に経験してきたことなのでどうしても欠陥が目立つ。一方、抜本的改革案は、当然ながら、よいことばかり強調される。しかし、われわれの将来を予測する能力は極めて限られ、想定外のマイナスの事態に遭遇しても、後の祭り。確かに姓を変えることのデメリットはあるものの、旧姓使用を広く認めることで、ほぼ解消できる。

ランキング

  1. 【世界の論点】北京五輪の外交的ボイコット

  2. 【政治月旦】曲がり角に来た自公連立 国民のため…自民の信念問う

  3. 【主張】皇位の有識者会議 男系男子復帰の具体化を

  4. 【正論】日本による朝鮮半島統治の真実 拓殖大学顧問・渡辺利夫

  5. 【主張】外国人の住民投票 武蔵野市は国益損なうな

  6. 「旧宮家の皇籍復帰、できれば300年に1度の功績」倉山満氏が講演 栃木「正論」友の会

  7. 【産経抄】12月6日

  8. 【浪速風】変わりゆく七五三

  9. 【主張】国勢調査 人口減に政治の責任重い

  10. 【異論暴論】1月号 好評販売中 国家・国民を守れ 中国の脅威を直視せよ