自民・石破氏、派閥議員と意見交換へ 派の体制見直し

自民党の石破茂元幹事長
自民党の石破茂元幹事長

自民党石破派(水月会、12人)は11日の会合で、顧問を務める石破茂元幹事長が、派の体制の在り方をめぐって所属議員一人一人と意見交換することを決めた。12月召集予定の臨時国会をめどに結論を出す方向。同派は先の衆院選で事務総長を務める鴨下一郎元環境相が引退し、2人が落選。派の立て直しが急務となっている。