アルコール依存の末に…元同僚を刺殺した「不条理な男」

過度の飲酒習慣などで酒の飲み方をコントロールできなくなる「アルコール依存症」は、自らの身体や精神だけでなく、周囲の人間関係や生活にも影響を及ぼしかねない。大阪で昨年2月、何の落ち度もない運送会社の従業員が、依存症患者の元同僚に刺殺される事件が起きた。裁判では、周囲が差し伸べた支援の手を振り払い、身勝手な行動を取り続けた男による犯行の詳細が明らかになった。

会社のナンバー2

「そんなことをしたらあかん!」

昨年2月27日の昼過ぎ、普段は平穏な大阪府高槻市の運送会社に叫び声が響いた。

配送作業を終え、会社に戻った男性運転手が目撃したのは、刺し身包丁を手に持ち、被害者の男性従業員=当時(40)=をめった刺しする男の姿だった。運転手が駆け寄って制止を試みると、血の付いた包丁を手に「刺したろか?」と近づいてきた。

犯人は、前日までこの会社で働いていた松井保元被告(36)=殺人罪で起訴。被害者は搬送先の病院で死亡が確認された。

事件直前まで社長に次ぐナンバー2の立場にあり、配車や営業を任されていた元被告。そうした立場にもかかわらず、たびたび職場で飲酒トラブルを起こしていたとされる。大阪地裁で10月に開かれた裁判員裁判で、証人として出廷した男性社長は衝撃的なエピソードを次々と明かした。

温情が裏目に

泥酔してろれつの回らない状態で電話をかける▽暴れる元被告の対応に他の従業員が困り果てる-。さらに、ささいなことで激高し、従業員が4人がかりで押さえつけたこともあった。

とっくに会社をクビになっていてもおかしくない所業が繰り返されながら、社長は「立ち直ってもらいたい」と解雇を先送り。そんな温情が裏目に出た。