辰巳琢郎「SUPER RICH」で28年ぶりフジ連続ドラマ出演 FODで赤楚、町田らの特別企画も

28年ぶりのフジ連続ドラマとなる辰巳琢郎(C)フジテレビ
28年ぶりのフジ連続ドラマとなる辰巳琢郎(C)フジテレビ

江口のりこ(41)主演の木曜劇場「SUPER RICH」(木曜後10・0)第6話(18日放送)で、ベテラン俳優の辰巳琢郎(63)が28年ぶりにフジテレビの連続ドラマに出演する。

きょう11日放送の第5話で物語は1年後へと進み、辰巳はモバイル業界最大手の社長で、大吾(矢野聖人)の父でもある森ノ宮昭三として登場する。

かつて会社を立ち上げたばかりだった衛(江口)が企画を提案した相手であり、新生「スリースターブックス」のモバイル業界進出へのカギを握る人物である。

「ひとつ屋根の下」(1993年4月期)以来となるフジ連ドラに、辰巳は「面白いドラマなので、途中参加でも違和感が出ないように頑張ったつもり。楽しみにしていてください」とコメントを寄せた。

主演・江口のりこ(中央)の隣が赤楚衛二(左)と町田啓太(C)フジテレビ
主演・江口のりこ(中央)の隣が赤楚衛二(左)と町田啓太(C)フジテレビ

また、メーンキャストによるインタビュー映像と特別企画を合わせたオリジナルコンテンツが11日の放送終了後からFODで配信されることが決定した。

特別企画では、ベンチャー企業というドラマの設定から赤楚衛二、町田啓太、戸次重幸の3人がビジネス用語クイズに挑戦している。

(産経デジタル)