全国&ふくしまお魚まつりメニュー紹介

濃厚でプチプチ食感「こぼれいくら丼」 11月19日、日比谷公園で開幕

こぼれいくら丼
こぼれいくら丼

全国各地の魚介料理が味わえる国内最大級の魚食イベント「第7回ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2021~全国魚市場&魚河岸まつり~」と、福島県産の魚介を使った料理を楽しめる「発見!ふくしまお魚まつり」が19~21日の3日間、千代田区の日比谷公園で開催される。お薦めメニューを紹介する。

例年、売り上げトップを争う人気メニューが、「こぼれいくら丼」(こぼれいくら海越)だ。濃厚でプチプチ食感のイクラを器からあふれるほどに超ぜいたくに盛り付けた。

北海道のサケが記録的な不漁に見舞われ、イクラが品不足で高騰するなか、「マスイクラ」を独自ルートで調達した。サケのイクラよりも少し小ぶりだが、食感や味わいはまったく遜色ない。価格はミニ丼で1800円、並が2600円で、採算度外視で提供する。

入場予約前売り券は公式ホームページから。