新潟県三条市の男性、4回接種 健康被害なし

新潟県庁(本田賢一撮影)
新潟県庁(本田賢一撮影)

新潟県と三条市は11日、同市在住の50代男性が7~10月、新型コロナウイルスワクチンを計4回打っていたと発表した。米モデルナ製を2回、米ファイザー製を2回打ったが、副反応はなく、健康被害も確認されていない。男性は、両社のワクチンをそれぞれ2回打たなくてはいけないと誤解していたという。

男性は7月8日と8月5日に職域接種でモデルナ製を、9月29日と10月20日に個別接種でファイザー製を接種した。職域接種は接種券が届かない段階で受け、その後、市から接種券が届いたため、市内の医療機関で個別接種を受けた。

医療機関の医師が男性に接種は初めてか確認したところ、男性はファイザー製は初めてかと聞かれたと思い、「初めて」と答えた。

市が、男性の個別接種の履歴をシステムに入力した際、計4回打っていることに気づいた。

県医療調整本部は「男性が誤解していたことが原因だが、医療機関でも丁寧な確認が必要だった」としている。