スバル新型EV世界初公開 「ソルテラ」、令和4年発売

SUBARU(スバル)の「ソルテラ」
SUBARU(スバル)の「ソルテラ」

SUBARU(スバル)は11日、電気自動車(EV)の新型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ソルテラ」を東京都内で世界初公開した。令和4年半ばごろまでに国内や北米、欧州、中国で発売する。トヨタ自動車とEV専用の車台を共同開発した。スバルがEVを世界展開するのは初めて。

電池の総電力量は71・4キロワット時で、1回の充電で走れる距離は二輪駆動車が約530キロ、四輪駆動車が約460キロとなる。四駆では、悪路で車輪を自動制御しながら安定して走行できるシステムを採用した。希望小売価格や目標販売台数は明らかにしていない。

東京都内で記者会見した中村知美社長兼最高経営責任者(CEO)は「まだEVのマーケットが成熟していないので、トヨタとの連携を深めて対応していく」と話した。