子どもが「税務署」体験 キッザニア東京

テーマパーク「キッザニア東京」内の本物の売店を訪れて税務調査を体験する中学生=11日午前、東京都江東区
テーマパーク「キッザニア東京」内の本物の売店を訪れて税務調査を体験する中学生=11日午前、東京都江東区

子どもが職業体験できる東京都江東区のテーマパーク「キッザニア東京」で11日、「税務署」のパビリオンがオープンした。17日まで。税金の使い道や署員の仕事を学び、実際に営業するパーク内の店舗で「税務調査」をした。

11日午前は校外学習の中学生が参加。講師役のパーク従業員が、消費税の軽減税率の対象となる品目や、税金が道路や医療の拡充に使われていると説明した。その後、パーク内の売店を訪れ、売り上げの帳簿と税金の申告書が一致しているかどうかを確かめた。

「税務署」のパビリオンで税金について学び、消費税の計算をする中学生=11日午前、東京都江東区の「キッザニア東京」
「税務署」のパビリオンで税金について学び、消費税の計算をする中学生=11日午前、東京都江東区の「キッザニア東京」

神奈川県平塚市の中学2年生(14)は「税金の重要さを学べた。父は収入から税金が引かれるので大変そうだが、がんばって支払ってほしい」と話した。

兵庫県西宮市の「キッザニア甲子園」でも11~17日、「税務署」パビリオンを体験できる。