黒木華「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」でフジ系ドラマ初主演

ネット社会で新たなヒロイン像を作り上げる黒木華
ネット社会で新たなヒロイン像を作り上げる黒木華

女優の黒木華(31)が来年1月スタートの木曜劇場「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(木曜後10・0)でフジテレビ系ドラマに初主演する。

ドラマデビュー10周年のメモリアルイヤーに、PV(ページビュー)数至上主義に走るネットニュースの編集部員を初めて演じるが「気負わず、いつも通り頑張りたい」と話す。

主人公は、大手出版社が運営するニュースサイトの危機を救うべく経理部から異動してきた瀬古凛々子(黒木)。そこは、男性ばかりの編集部員たちが他社のニュースやブログ記事などを“コピペ“しただけの、いわゆる“こたつ記事”(直接取材を行わず、流通している情報を元に構成した記事)ばかりを発信するお気楽ウェブメディアだった。

空気が読めず、共感性もない凛々子は与えられた任務である 「PV数を伸ばす」ために手段をいとわず、殺気立つくらいの仕事ぶりを見せる。しだいに周囲の男性たちは彼女へ好意を寄せ、世の中で必要とされていないと思っていたネットニュースの仕事が少しずつ意味のあるもだと感じ始める。

思わぬ広がり方を見せる現代のネット社会においてメディアがどうあるべきか、人とのつながりから生まれるさまざまな人間ドラマなども描いていく。

最近では、月9ドラマ「イチケイのカラス」(今年4月期、フジ系)、「凪のお暇」(2019年7月期、TBS系)などで知られる黒木。その実力は誰もが認めるところだが、「凛々子は演出や作風という表現でどこまでも広げられる可能性があるキャラクターだと感じた。ネットニュースにどういうふうに切り込んでいくのか、真実に向かっていくさまを共演者のみなさんと一緒に楽しみながら探していきたい」と話している。

演出は「リーガル・ハイ」シリーズ(12~14年、フジ系)、映画「ミックス。」(17年10月、東宝)などで知られる石川淳一氏が務める。

同局編成企画の渡辺恒也氏は、黒木の起用理由について「“凛々しさ“と“しなやかさ“を兼ね備え、凛々子というキャラクターの心の中にある確かな“芯”と、人を巻き込んでいつの間にか動かしていく“魅力”が黒木さん自身の姿に重なるところが大きい」と語り、「コロナ禍によって人との距離を空けることを余儀なくされた今、ネットという対面ではないコミュニケーションを通して他人とつながることの希望のようなものを伝えることができたら」と付け加えた。

(産経デジタル)